PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恵方巻き

s-8Cb95FB8AAA82AB.jpg

関西では皆さん周知のことかと思いますが、もうすぐ節分ですね。
節分といえば、去年の秘書時代にお世話になっていた料理研究家の先生(京都のお生まれ)から「恵方巻き」を作って頂き、自宅に戻り食べた事を思い出します。去年の方角は私の部屋で言うと、ベッドの上から壁に向かって食べる方位だったので、とんでもなく笑える事を真面目に遂行したという。・・・(笑)

その年に決まった方角に向かって一心不乱に「恵方巻き」を食べ、その年の無病息災を願う意味の込められた恵方巻き。一心不乱に無言でというのが些か笑えますが、こういった日本の伝統的な行事は良いですよね。

さて、恵方巻きの由来など私の説明不足な点もあるかと思うのでをWikiで調べてみました。

節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかぶり(関西方言で「まるかじり」の意)するのが習わしとされる関西を中心とした行事。また食べている間は、無言でなければならないとされている。

七福神に因んで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶ等七種類の具を入れて、福を食べるという意味合いもあるらしい。「福を巻き込む」という説明もある。

また諺の『鬼に金棒』の金棒に見立てて、節分の豆まきで追い出した鬼が落としていった金棒を体に取り入れる事で、無病息災・商売繁盛など、自身や自身を取り巻く環境に対し、抵抗増大や窮地打破などの意味合いがもたれたとされる

やっぱりWikiで調べて良かったです。七福神の意味を込めた食材などためになりますね。

で、今年2009年の恵方巻きを食べる方位ですが
南南東!!!!
南南東の方位に向かって言葉を発さず一心不乱に恵方巻きをまるかじりしてくださいね!

私は、今年も料理研究家の先生のお宅にお呼ばれしているので、恵方巻きを頂くことになりそうです♪会社を離れても懇意にして頂けるのはとても有難いことですよね!

スリランカ政府認定。伝説のダイエットハーブ

ヨガがもっと楽しくなる!ヨギーニが開発したヨガウェア

即日開通!初めてでも安心のレンタルサーバー
スポンサーサイト

| グルメ | 06時02分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。